岩手県立美術館

企画展

タータン 伝統と革新のデザイン

日時
2019年4月13日(土)ー5月26日(日)
場所
企画展示室        

詳細

スコットランド文化の象徴であり、世界中で愛用されているタータン。布地や美術作品、資料等約270点により、その歴史や背景等を紐解きます。

 

会  期:

2019年4月13日(土)ー5月26日(日)

会  場:

岩手県立美術館 企画展示室

開館時間:

9:30ー18:00(入館は17:30まで)

※4月26日(金)は9:30ー21:00(入館は20:30まで)

休 館 日 :

月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日

主  催:

岩手県立美術館、公益財団法人岩手県文化振興事業団

後  援:

ブリティッシュ・カウンシル、スコットランド国際開発庁、日本スコットランド協会、一般社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、岩手日報社、盛岡タイムス社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、ラヂオ・もりおか、岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報紙 ゆうゆう 

企画協力:

ROBINS

観 覧 料 :

[一般] 前売800円(当日1,000円)、[高校生・学生] 前売500円(当日600円)、[小学生・中学生] 前売300円(当日400円)
*20名以上の団体は、前売料金と同額で観覧できます。
*療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は半額になります。
*生協組合員カードをご提示の組合員およびそのご家族は前売料金と同額で観覧できます。
*企画展観覧券で常設展もご覧になれます(4月23日(火)ー4月25日(木)は展示替えのため常設展はご覧いただけません)。

*5月5日(日・祝)は18歳未満の児童・生徒の観覧が無料です。(高校生は生徒手帳をご提示ください)。


【前売券販売所】※販売は4月12日(金)まで

・岩手県立美術館、岩手県民会館、指定プレイガイド<カワトク/アネックスカワトク/フェザン/イトーヨーカドー花巻店/東山堂書店 (肴町本店・イオン前潟店・イオン盛岡南店・三ツ割店・都南店・北上店)/さわや書店本店/江釣子SCパル/メイプル/いわて生協 (コープ高松・ベルフ仙北・ベルフ山岸・ベルフまつぞの・ベルフ青山・ベルフ牧野林・ベルフ八幡平)/岩手県庁生協/Cyg art gallery/ローソン (Lコード:21674)/セブン‐イレブン>

 



 日本でも人気が高く、世代を超えて愛されている普遍的なデザイン、タータン。ファッションに限らず、日用雑貨や室内装飾等、あらゆるところで目にする一方、その定義や歴史が紹介される機会は多くありませんでした。
 タータンの起源は、中央ヨーロッパに住んでいたとされるケルト人にまでさかのぼります。スコットランドの北西部、ハイランド地方に定住したケルト人は、タータンと呼ばれる織物を日常着として用いていました。そこからタータンは、英国の歴史の中で特異な運命をたどり、18世紀にはハイランドの男性に対して着用が禁止されます。しかし、ハイランド文化復興の動きによって数十年後にその禁令が解かれると、スコットランドを象徴する文化としてタータンが再び脚光を浴びるようになりました。
 また、タータンは身に着けることによりその人の出自や所属を示すようになった、世界でも珍しい織物です。スコットランドの由緒ある氏族が身につけるクラン・タータン、地域に関わるディストリクト・タータン、王族のロイヤル・タータン等、いくつかに分類されるそのデザインは、スコットランド・タータン登記所に現在8,000種類以上も登録されています。
 本展では、これまで日本ではあまり目にすることがなかったタータン生地約110点により、その多彩で洗練されたデザインをお楽しみいただきます。このほか、19世紀に活躍した諷刺画家ジョン・ケイの版画、現在活躍中のファッション・デザイナーによる服、日本とタータンの関わりを示す資料等約160点を通じて、その歴史や社会的、文化的背景をご紹介し、様々な視点からタータンが持つ意味や魅力をさぐります。

<アフタヌーンドレス>
1865年頃
神戸ファッション美術館蔵


関連イベント

スペシャル・ギャラリートーク

講師:富田智子氏 [三鷹市美術ギャラリー主任学芸員] 

日時2019年4月13日(土)14:00-15:00

場所:企画展示室

*参加ご希望の方は本展観覧券をお持ちの上、当日直接企画展示室にお越しください。

 

講演会「タータンの魅力」

講師:奥田実紀氏[作家、タータン研究家]

日時:2019年4月14日(日)14:00-15:30

場所:ホール

*参加ご希望の方は当日直接ホールにお越しください。参加無料です。

 

ワークショップ「木枠を使って、小さなタータンを織る」

講 師:佐々木貴子氏[染織作家、岩手大学非常勤講師] 

日 時:2019年5月11日(土) 10:00-15:00

場 所:スタジオ

対 象:高校生以上一般

定 員:15名

参加費:500円(材料費、保険料)

応募方法:参加ご希望の方は、葉書、インターネットのいずれかでお申し込みください。

詳しくは、ワークショップ「木枠を使って、小さなタータンを織る」のページをご覧ください。

 

当館学芸員によるギャラリートーク

日時:2019年4月19日(金)、5月3日(金・祝)5月17日(金)

14:00-(30分程度)

場所:企画展示室

*参加ご希望の方は本展観覧券をお持ちの上、当日直接企画展示室にお越しください。

 

 

プレイベント「リボンで作るタータン風ブローチ」

日時:2019年4月6日(土) 10:00−16:00

場所:グランド・ギャラリー

*参加ご希望の方は当日直接グランド・ギャラリーにお越しください。参加無料です。

 

アート・シネマ上映会「ウイスキーと2人の花嫁」

(2016年/イギリス/98分)

日時:2019年5月19日(日) 14:00−15:38

場所:ホール

*鑑賞ご希望の方は当日直接ホールにお越しください。参加無料、100席限定です。

 

ナイトミュージアム

4月26日(金)は21:00までご観覧いただけます(入館は20:30まで)。コンサートやギャラリートークの開催、レストランでの特別メニューなど、様々なイベントやサービスをご用意しています。

 

 

タータン・グッズをプレゼント!

本展会期中の土曜日、日曜日、祝休日に、タータン柄の服やアイテムを身に着けた方には、タータン・グッズを差し上げます。
*各日先着50名様限定。1階総合受付にてお申し出ください。

◎展覧会会期中は、レストラン「パティオ」にて特別メニューをお楽しみいただけます。

所蔵品検索
蔵書検索

岩手県立美術館

所在地
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
電話
019-658-1711
開館時間
9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日(ただし月曜日が祝日、振替休日の場合は開館し、直後の平日に休館)
年末年始(2019年12月30日から2020年1月1日まで)