岩手県立美術館

企画展

世界の美術館 未来への架け橋

日時
2005年1月4日(火)〜2005年2月27日(日) 
場所
企画展示室

詳細

会  期: 2005年1月4日[火]-2月27日[日]
主  催: 岩手県立美術館、読売新聞東京本社、美術館連絡協議会、テレビ岩手
後  援: スイス大使館、岩手日報社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、岩手朝日テレビ、めんこいテレビ、エフエム岩手
協  賛: 花王株式会社
協  力: 日本航空
企  画: バーゼル・アート・センター、チューリヒ連邦工科大学
出品点数: 模型、図面、建築写真など約300点
観 覧 料: 一般/800円(650円) 高校・学生/500円(400円)
小・中学生/300円(250円)
( )内は20名以上の団体料金
企画展の観覧料で常設展もご覧になれます
近年、世界の国々で巨大な規模の美術館が次々にオープンしています。美術館の中には、野心的な現代建築家の手による大胆で美しい空間が広がっており、美術コレクションと並んで訪れる人を魅了しています。こうした個性的な建築デザインは、ただ美しいだけでなく、美術館の存在意義、美術館と都市との関わりといった問題に独自の手法でアプローチを試みた建築家たちの成果でもあるのです。
この展覧会は、1990年代以降に世界各地で構想、実現された25の美術館・博物館建築を紹介するものです。フランク・O・ゲーリー、安藤忠雄など、世界的な建築家たちが設計した美術館建築の模型、図面、建築写真など約300点を展示しながら、建築が作り出す美しい空間や、建築家が作品に込めたメッセージを探ります。
なお、青木淳、坂茂、妹島和世+西沢立衛/SANAA、ヨコミゾマコトら4人の日本人建築家による最新の美術館プロジェクトをあわせてご紹介します。

関連イベント

■講演会「美術館建築の現在と未来」
 講師:太田泰人氏(神奈川県立近代美術館普及課長)
 2月11日[金・祝] 14:00-15:30
■ギャラリートーク
 1月7日[金]・1月15日[土]・1月21日[金]・1月30日[日]・
 2月4日[金]・2月5日[土]・2月18日[金] 各日14:00-
■ライブラリー・プログラム「美術館と建築」
 1月22日[土]-2月27日[日]
所蔵品検索
蔵書検索

岩手県立美術館

所在地
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
電話
019-658-1711
開館時間
9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日(ただし月曜日が祝日、振替休日の場合は開館し、直後の平日に休館)
年末年始(12月29日から1月3日まで)