岩手県立美術館

企画展

2016年のIMA ―岩手の現代美術家たち―

日時
2016年9月3日(土)〜2016年10月16日(日) 
場所
企画展示室        

詳細

会  期: 2016年9月3日(土)─10月16日(日)
会  場: 企画展示室
開館時間: 9:30-18:00(入館は17:30まで)*9月18日(日)は9:30-20:30(入館は19:30まで)
休 館 日: 月曜日(ただし9月5日、9月19日、10月10日は開館)、9月20日
主  催: 岩手県立美術館、公益財団法人岩手県文化振興事業団
後  援:
一般社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、岩手日報社、盛岡タイムス社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、ラヂオもりおか、岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報紙 ゆうゆう
観 覧 料:

一般800円(650円)、高校生・学生500円(400円)、小学生・中学生300円(250円)
*( )内は20名以上の団体料金および前売料金。
*療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は半額になります。
*生協組合員カードをご提示の組合員およびその家族は前売料金と同額で観覧できます。
*企画展観覧券で常設展もご覧になれます。(9月27日(火)- 30日(金)は展示替えのため常設展はご覧いただけません)
*前売券は6月18日(土)―9月2日(金)まで販売します。
【前売券販売所】
当館総合受付カウンター、岩手県民会館



 岩手県立美術館では、これまでにいくつかの展覧会を通じて、岩手の現在のアートシーンを紹介してきました。なかでも、2011年に開催した「'70、 '80年代生まれの美術家たち、IMA(いま)ここで」と「私たちがIMA(いま)在ること -7人の現代美術家たちによる」は、東日本大震災発生により予定していた企画展が全て中止となった事態を受け、作家たちの協力のもと急遽企画されたもの で、美術館活動の意義や美術と社会の係わりなど、美術と美術館をめぐる本質的な問題と改めて向き合うとともに、作品を創ることや見ることが生きる力の源に なり得ると再確認した意義深い展覧会となりました。
 本展はこれらふたつのグループ展の後継企画として位置づけられるもので、出品作家である長谷川誠、山本英治、泉田之也、細川憲一、千葉奈穂子、本田恵 美、尾崎森平の7名は、近年印象的な活動を展開している存在として、当館の学芸員ひとりひとりが注目して選んだ、岩手ゆかりの現代美術家たちです。
 彼らは作品を通じて何を語ろうとしているのか。そして、私たちは彼らの作品からどのような世界を見いだせるのか。当館が開館して15年、東日本大震災か ら5年目にあたる節目の年である2016年の「いま(IMA)」、岩手の美術や美術館のあり方について、ふたたび考える機会にしたいと願っています。

関連イベント

◎展覧会会期中は、レストラン「パティオ」 にて特別メニューをお楽 しみいただけます。

 
 

所蔵品検索
蔵書検索

岩手県立美術館

所在地
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
電話
019-658-1711
開館時間
9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日(ただし月曜日が祝日、振替休日の場合は開館し、直後の平日に休館)
年末年始(12月29日から翌年1月2日まで)