岩手県立美術館

企画展

岩手県文化振興事業団創立30周年記念事業 ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展

日時
2015年6月6日(土)〜2015年7月12日(日) 
場所
企画展示室

詳細

ポン=タヴァンとは、フランス、ブルターニュ半島の小村。本展では約70点の作品を展示、ゴーギャンをはじめとする、19世紀の画家たちにインスピレーションを与えた神秘の楽園、ブルターニュの美しい自然や風俗を描いた作品をお楽しみいただきます。
会  期: 2015年6月6日(土)─7月12日(日)
会  場: 企画展示室
開館時間: 9:30-18:00(入館は17:30まで)
休 館 日: 月曜日(7月6日は臨時開館)
主  催: 岩手県立美術館、公益財団法人岩手県文化振興事業団
後  援: フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、一般社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工 会議所連合会、岩手日報社、盛岡タイムス社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、 ラヂオもりおか、岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報紙 ゆうゆう
観 覧 料: 一般1200円(950円)、高校生・学生700円(550円)、小学生・中学生500円(400円)
*20名以上の団体は、前売料金と同額で観覧できます。
*療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は半額 になります。
*企画展観覧券で常設展もご覧になれます。
前売券は4月11日(土)―6月5日(金)まで当館の総合受付カウンターおよび岩手県民会館での販売となります。 *販売終了しました
プレゼントのお知らせ
展覧会会期中の土曜・日曜日に、白黒か青白のボーダー(横縞)柄の服やアイテムを身につけた方には、素敵なプレゼントをご用意しております。
 *各日先着100名様に限らせていただきます。
 *当日観覧券をご購入の方に限らせていただきます。

フランス、ブルターニュ半島にある小村ポン=タヴァン。壮大な自然や、都会とは一線を画した素朴な文化が残るこの地は、19世紀の多くの芸術家たちによって愛され、その創作のインスピレーションの源になりました。ポスト印象派の代表的作家として有名なポール・ゴーギャン(1848-1903)もそのひとり。1886年に同地を訪れたゴーギャンは、同じく新しい表現を探求していた若い画家たち、ポール・セリュジエ(1864-1927)やエミール・ベルナール(1868-1941)らとともに、ブルターニュ地方土着の宗教や独特の文化を主題に、強調さ れた輪郭線と単純化された色面によって構成された作品を生み出しました。
 装飾的で神秘的な表現力をもつ彼らの作品は、象徴主義をはじめとする後の美術動向に大きな影響を及ぼしたほか、西洋文明を捨て、さらなる「原始」を求めてタヒチへと向かった、ゴーギャン自身のその後の芸術にも重要な転機をもたらしました。本展では、カンペール美術館の所蔵作品を中心に、日本初公開となるゴーギャン作品5点を含む約70点をご紹介、神秘の楽園、ブルターニュの美しい自然や風土を描いた作品の数々をお楽しみいただきます。
関連イベント

◎展覧会会期中は、レストラン「パティオ」にて特別メニューをお楽 しみいただけます。

所蔵品検索
蔵書検索

岩手県立美術館

所在地
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
電話
019-658-1711
開館時間
9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日(ただし月曜日が祝日、振替休日の場合は開館し、直後の平日に休館)
年末年始(12月29日から翌年1月2日まで)