岩手県立美術館

企画展

ジョルジョ・デ・キリコ展

日時
2014年6月21日(土)〜2014年8月22日(金) 09:30〜18:00
場所
企画展示室

詳細

古代の建築物や彫像、機関車などを画面に配した作品で、後のシュルレアリストに大きな影響を与えたジョルジョ・デ・キリコ。本展では、104点の作品によって、独創的で神秘に満ちたデ・キリコ芸術の魅力をご紹介します。
会  期: 2014年6月21日(土)― 8月22日(金)
会  場: 企画展示室
開館時間: 9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休 館 日: 月曜日(ただし7月21日は開館)、7月22日(火)
主  催: 岩手県立美術館、公益財団法人岩手県文化振興事業団
後  援: 在日イタリア大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フンランセ日本、社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、岩手日報社、盛岡タイムス社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、ラヂオもりおか、岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報紙 游悠
企画協力: ホワイトインターナショナル
観 覧 料:

一般1000円(800円)、高校・学生600円(500円)、小・中学生400円(300円)
( )内は20名以上の団体料金および館内前売り料金
*前売券は、本展開幕前日まで岩手県立美術館のみでの販売となります
*療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方には割引制度があります
*企画展観覧券で常設展もご覧になれます

前売券は4月12日(土)―6月20日(金)まで当館の総合受付カウンターのみで販売となります。 *販売は終了しました。



20世紀を代表する画家、ジョルジョ・デ・キリコ(1888-1978)。ギリシャで生まれ、パリでの活動の後にローマへ移住したこの画家は、古代の建築物や彫像、機関車などのモチーフを配した、謎めいた作品で知られています。彼の生み出した「形而上絵画」とは、目に見える日常の裏側に潜む、神秘的な精神世界を画面に出現させようとしたもので、シュルレアリストたちに大きな影響を与えました。第一次世界大戦後の古典主義への回帰を経て、晩年には、新たな形而上絵画を創造するなど発展を続けたデ・キリコの作品は、現実と非現実の境を行き来し、観る者の不安や困惑を誘う一方で、その芸術に隠された大きな謎のゆえに、私たちを惹きつけてやみません。
 本展は、パリ市立近代美術館に寄贈された未亡人イザベラ・デ・キリコの旧蔵品を中心に、ヨーロッパ各国の美術館や個人のほか、日本国内に所蔵されている作品から、画家の各時代の代表作、100点余りを展示し、デ・キリコの画業をご紹介するものです。日本では久しぶりの開催となる大規模な回顧展である本展。ぜひこの機会に、独創的で神秘に満ちたデ・キリコの作品世界の魅力に触れてください。
関連イベント
◎展覧会会期中は、レストラン「パティオ」にて特別メニューをお楽しみいただけます。
所蔵品検索
蔵書検索

岩手県立美術館

所在地
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
電話
019-658-1711
開館時間
9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日(ただし月曜日が祝日、振替休日の場合は開館し、直後の平日に休館)
年末年始(12月29日から翌年1月2日まで)